歯の黄ばみを落とす 歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉の存在

歯の黄ばみや歯に付着した茶色のステインが気になる人の多くが実際に使用されているのが、ホワイトニング歯磨き粉と呼ばれる、歯を白くする歯磨き粉です。あなたもきっと薬局等で目にしたことがあるかもしれませんね。

 

普通の歯磨き粉以上に、歯の汚れを落としてくれるということで人気の歯磨き粉です。別名、ホワイトニングジェルと呼ばれることもあります。最近ではネット通販でも、いろいろな種類のホワイトニング歯磨き粉が販売されているようです。

ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみは落ちるの?

あなたが気になっている歯の黄ばみ。この人気のホワイトニング歯磨き粉で落とすことが出来るのでしょうか?歯の表面に付着してしまった汚れで歯が黄色く見えてしまっているような場合、ホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを落とすことができます。

 

普通の歯みがき粉では、歯の表面を綺麗に保つのが難しいことがあります。色が徐々に蓄積していってしまって、歯の表面に着色として残ってしまう、といったことが発生します。このような状態になってしまうと、普通の歯みがきではなかなか黄ばみを落とせなくなってしまいます。

 

このような状態の悩みをお持ちの方には、ホワイトニング歯磨き粉はおすすめです。ホワイトニング歯磨き粉で黄ばみを落とす方法は2種類あります。1つ目が、歯磨き粉に有効な研磨剤を含有させて、歯の表面をその研磨剤で擦って、汚れを落とす方法。

 

2つ目が、歯磨き粉に特別な有効成分を含有させ、その成分により、歯の表面の汚れを浮かせ、取り除く方法。この2つの方法を比べた場合、2番目の、汚れを浮かせて除去する方法が、歯にとってはより安全です。なぜなら、歯の表面を研磨剤で擦ると、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまう可能性があるからです。

 

エナメル質が傷ついてしまうと、そこに余計に色素が沈着し易くなるという逆効果がおこります。せっかくのホワイトニングで、逆に歯が黄ばんでしまったら、どうじようもないですよね。歯医者さんも研磨剤入りの歯磨き粉はおすすめしていませんし、私たちもホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際は、ぜひ研磨剤無しの歯磨き粉を選びたいものです。

歯の黄ばみを落とす他の方法

歯の黄ばみを落とす方法で、歯磨き粉の使用以外としては、歯医者さんでやってもらう方法があります。審美歯科と呼ばれる、歯の見た目を直してくれる歯医者さんで、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングといった方法をお願いすることもできます。

 

審美歯科では、もしあなたの歯の黄ばみが深刻な状態の場合に、より有効な方法となります。エナメル質の中に汚れが浸透していってしまっているような場合。また、エナメル質の厚さが薄くなってしまい、その奥の象牙質の色が歯の表面に透けて見えてしまっているような場合。

 

これらのような場合は、審美歯科に行って、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングをしてもらうといいでしょう。ホームホワイトニングよりオフィスホワイトニングの方がよりホワイトニング効果は高く、ただし効果の期間は短めとなります。効果が薄れてきたら、再び審美歯科に行って、ホワイトニング施術してもらう必要があります。

 

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングのどちらも、歯磨き粉を使った方法と比較すると、かなり高価になります。金銭的に余裕がある人向けの選択肢とも言えるでしょう。

 

また最近、巷では、セルフホワイトニングというのも流行っています。これは、セルフホワイトニング専門店に行き、そこでスタッフの人にホワイトニングの方法の説明を受け、その場所で、あなた自身でホワイトニングを行うというものです。

 

審美歯科でやるホワイントニングのように医療行為ではありませんので、その違いはしっかりと知っておく必要があります。あくまでも歯の表面の汚れを取るという行為になります。ほかにも、歯の消しゴムを使った方法や、重曹を使った方法などもありますが、これらは歯の表面を研磨する方法になりますので、あまりおすすめはできません。

歯の黄ばみを落とすなら、やっぱり歯磨き粉が良い理由

審美歯科でのオフィスホワイトニングやホームホワイトニング、専門店やエステに行って自らが行うセルフホワイトニングと比べると、歯磨き粉を使った方法は、費用がずっと安く済みます。

 

また、歯磨き粉の場合、自宅や職場など場所も時間の制約をうけずに実践していくことができます。自由度も高いですし、気軽に手軽に歯の黄ばみを取っていくことができます。継続がし易いというのは、大きな利点でもあります。

 

もちろん、歯の黄ばみが深刻な状態のときは、予算が許せば、審美歯科に相談してみることもおすすめします。ただし、数万円から十数万円以上費用が掛かる場合もあります。また、歯の白さを維持できる期間も、数か月から1年程度となりますので、審美歯科に再び通って、ホワイトニングし直してもらう必要があります。

 

こういったことを考えると、「ちょっと最近歯の黄ばみが気になってきて・・」というような状況でしたら、まずはホワイトニング歯磨き粉から試してみる、ということをおすすめします。

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際は、研磨剤が入っていない歯磨き粉を選ぶことをお忘れずに。近所の薬局やドラッグストアで販売されているホワイトニング歯磨き粉の多くは、研磨剤が入っていますので、注意してください。

 

オンライン通販では、研磨剤が入っていない安全なホワイトニング歯磨き粉がいろいろとありますので、そちらの方をチェックされることをおすすめします。研磨剤不使用、添加物不使用など、歯の健康面を考慮したホワイトニング歯磨き粉を発見することができます。

 

一般的な普通の歯磨き粉と比較するとお値段は高めですが、ホワイトニング効果を考えたら妥当な価格と判断できます。また定期購入をすることで、割安に購入することができるようになっています。